エコな人は始めてる!生ごみ処理機の種類と特徴について

気になるけど手を出せない…生ごみ処理機のリアルを調査!

生ごみ処理機を設置して助成金を貰おう!

これまで生ごみ処理機と言えば「コンポスト」と呼ばれる大きなバケツのようなものでした。家庭菜園に取り組む家庭や家業が農業の家庭で良く見られ、土がある屋外に設置されています。生ごみは後に土の中で堆肥となり、土に栄養を与えるのです。

しかし近年注目されている生ごみ処理機は、まさに「機械」というのにふさわしい屋内に設置するものです。ごみ捨て場が限られている街の中では、ごみを捨てるまで家の中が生ごみ臭い…なんてこともあるかもしれません。虫が湧きやすくなるほか、衛生的にもあまり宜しくありません。この状態を打開するために作られたのが生ごみ処理機です。

蓋つきごみ箱のような見た目の生ごみ処理機は、生ごみが出た際に機械に入れることで、乾燥させたり、堆肥にさせたりする道具です。ゴミの量を抑制できるほか、衛生面でも安心です。また堆肥になれば、家庭菜園などに活用することもできます。

性能は機械によって大きく異なり、自宅環境をきちんと考慮して購入できる生ごみ処理機を見極めるべきです。置く場所は事前に想定し、本当に問題が無いかを検討した上で購入を決めることが安心です。

今回は、使用するとなると不安なにおいや音、そして電気代など、生ごみ処理機のリアルに迫った情報をお届けします。特に屋内に置く場合には「これならごみ袋に入れたままがよかった…」となるのが1番困りますよね。もしも購入を迷われている方がいたら、この情報を参考に、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?