気になるけど手を出せない…生ごみ処理機のリアルを調査!

>

生ごみ処理機にはどんな特徴がある?

においを防ぐことができる

大手電機メーカーが販売している生ごみ処理機は、冷蔵庫やエアコンなど「におい」が気になる家電の技術を応用し、においを閉じ込めることに長けています。

屋内に設置するとなれば、においはとても気になるポイントです。処理中はもちろん、においが漏れているような感覚がある場合には家にいる時間が楽しくなくなってしまいます。リビングに置くのか、キッチンに置くのか、廊下に置くのか…など場所を想定し、においの閉じ込め具合を判断する必要があります。価格が安いほど、においの密閉度は低くなるので注意が必要です。

中には生ごみだけでなく、ディーバックや割りばしなどを処理できる生ごみ処理機もありますが、それによるにおいがどうのなのか、できる限り実物を見て確かめてみてください。

音が静かで夜も安心

メーカー各社、静音には力を入れています。昔の生ごみ処理機は、音がうるさいものも少なくありませんでした。しかし快適性の観点から音が静かであることの重要度は高く、各社が積極的に改善を加えているポイントになります。

ゆっくりと生ごみを処理することで音を静かにする工夫をしている場合が多く、この場合には電気代も高くなりすぎない場合が多いです。24時間稼働をし続けている場合や小型の生ごみ処理機であれば、生ごみを処理するスピードを速めなければ追加生ごみに対応できないため、音も大きく、電気代も高くなりやすいです。

電気で処理する場合には、電気代も重要なポイントです。音と電話代のバランスは、実物を見て、耳で聞いて確かめてから購入すると安全だと言えます。


この記事をシェアする